稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

大好きな街「神戸」・・私のエネルギーが上がる街・・そんな神戸のとっておきスィーツ

ノンカテゴリ

大好きな街「神戸」・・私のエネルギーが上がる街・・そんな神戸のとっておきスィーツ
  • 9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

元町ケーキ

神戸 ケーキ 元町ケーキ 画像

1946年創業の元町ケーキは、「お土産ならここ!」率NO1です。

西元町エリアの住宅街に差しかかったところにあります。
数年前にリニューアルされ、カフェスペースも広く開放的になりました。

ぶらっとひとり訪れるのもオススメです。

六甲道にあるケーキ屋さん『Emil(エミル)』

ケーキ屋さん『Emil(エミル)』では、フレッシュバター、生クリーム、新鮮な果物、防腐剤なしの素材しか使用しません。
こだわりの安全なスィーツ!
材料の本来の味を楽しんでください。

生ケーキ 「きゃー、美味しそ~!」

 六甲道 ケーキ Emil(エミル) 画像

エリアエッケタルト

果物や季節のナッツ、、カリカリペストリー。 年間を通じて、バリエーションがあります。

 神戸 六甲道 ケーキ Emil(エミル) タルト 画像

素材にこだわりつくした焼き菓子

神戸 六甲道 ケーキ Emil(エミル) 焼菓子 画像

神戸の老舗 ケーキ屋さん 「G線」

神戸 ケーキ G線 画像

出典 http://www.g-sen.com

神戸老舗ケーキ屋さん「G線」の歴史

鮮やかな色彩を大胆に用いたインテリア、灰皿など細部にまで行き届いたアートディレクターの演出。昭和27年、三宮センター街に開業した『G線』は、ケーキなどの製造部門だけではなく、ゆったりお茶も飲める喫茶室もあり、流行に敏感な神戸っ子の心を瞬く間にとらえた。
そのモダンな雰囲気はいわばカフェのはしり的存在で、当時のインテリア雑誌やデザイン雑誌、建築関係の専門誌などにも数多く取り上げられた。営業方針は開業当初から、ハイブローな一線を確保しながらも家族連れでも楽しめる大衆性を合せ持つこと。一見矛盾するような二つの要素だが、それがすんなり受け入れられたのも独自な文化を持つ神戸ならではのことである。
ところがこの神戸に歴史的な惨事が襲いかかる。平成7年の阪神大震災だ。これにより永く親しまれてきたセンター街の店舗、布引にオープンしていた店舗、共に全壊してしまう。  
布引に再び『G線』が蘇ったのは震災から2年後、平成9年4月のこと。これを機に新たな一歩を踏み出そう....そんなポジティブ精神が、50年にわたって神戸っ子にとって憩いの場であった空間の「復活」を為し得たのだ。
再オープンした店内は、グリーンを基調とした優しい雰囲気。ナチュラル志向の時代を反映した店づくりで、常に時代性を意識してきた『G線』の姿勢が継承されている。
最近話題を集めたワッフルも、『G線』では創業当時からメニューに取り入れていた。何十年と同じ機具を用い、職人が一枚一枚手焼きしている。サクサクと歯ごたえの良い香ばしい味わいは、昔も今も変らず高い人気を誇っている。
何ごとにもフェイクの多い時代。だからこそ『G線』は可能な限り正統派の立場を守っていきたいと考える。正統派のカフェとは、居心地のいい空間を客に提供すること。『G線』の歩む道は、これからも新たな伝説を築き上げていくことだろう。

出典 http://www.g-sen.com

神戸老舗ケーキ屋さん「G線」のこだわり!

余計な物は加えない
安全で、本当に美味しいお菓子をみなさまに召し上がっていただくために、G線では保存料や合成着色料などは一切使用せずお菓子を焼き上げます。
「厳選した素材を使用し、天然素材の味を生かす洋菓子作り。」それが長年受け継がれるG線の伝統です。
余分な物は加えず、できたてのおいしさをお楽しみいただけるよう、出来る限り作りたての商品を発送するように心がけております。
そのため、少し納期を長めにいただいている場合がございます。
チーズケーキやロールケーキなどは、製造後直ちにショックフリーザーにて瞬間冷凍し、特殊フィルムにて密封包装し、新鮮さ、おいしさを封じ込めます。
お手元に到着後は、お召し上がり時間に合わせて、常温で自然解凍または冷蔵庫でゆっくり解凍していただきますと美味しくお召し上がりいただけます。
洋菓子の街、神戸から心を込めて丁寧に焼き上げた、G線の洋菓子をぜひご賞味ください。

出典 http://www.g-sen.com

神戸 レーブドゥシェフ

贅沢 丹波栗パイ

神戸 レーブドゥシェフ 丹波栗パイ 画像

出典 http://www.revedechef.co.jp

レーブドゥシェフの歴史

レーブドゥシェフの歴史は、垂水坂の小さな店舗から始まりました。
その後場所を垂水駅前に移し、神戸の街で愛される洋菓子店として定着しました。
お仕事帰りなどのお客様で、いつも行列ができるほどの賑わいをみせます。

季節のスイーツを堪能

ショーケースには、旬の素材をふんだんに使ったフレッシュケーキがずらり。
ここでは「シェフのアイス」、焼き菓子やクッキー、ゼリーなどの季節商品など、ほとんどの商品をお取り扱いしています。テイクアウトできるパンも人気。
コンテストで入賞したスイーツやオブジェも展示しています。
2009年8月より、ジェラートの販売も始めました。
色とりどりのショーケースから、季節のジェラートをお選びいただけます。

ケーニヒスクローネ

神戸 ケーニヒスクローネ 画像

”クローネ”は素朴でおいしいおやつ。
ケーニヒスクローネは1977年創業の神戸っ子に寄り添う老舗メーカーです。
くまのポチという愛らしいキャラクターをひっさげて、優しいお母さんの手作りのようなドイツ菓子をベースに展開。

ケーニヒスクローネの歴史

昭和52年12月、神戸で「ケーニヒスクローネ」は誕生しました。

お母さんが家族のために作るおやつのように、素朴でやさしい味、それがドイツ菓子の魅力です。
フランス菓子のような華やかさはありませんが、季節のフルーツの味をそのまま生かしたシンプルで素朴なケーキ。
そんなドイツで育まれてきたお菓子づくりの思いを店名に込めました。
ケーニヒス クローネとは、ドイツ語で「勝利の王冠」。
メインキャラクターのクマさん(名前はポチ)も頭に王冠を乗せていますが、けっして威張ったりはしません。
美味しいお菓子をたくさんの人に届けたい思いで一杯です。

商品名にもドイツの地名をアレンジしたものがたくさんあります。
たとえば「はちみつアルテナ」という商品は西ドイツの都市で、アルテナ城という古城で知られた街から取ったもの。
オリジナルプリンの「ベルリン」はいわずと知れたドイツの首都、スティックバターケーキの「バーデン・バーデン」は温泉を意味するなど、メジャーなものからマイナーなものまでドイツ語でネーミングしています。
洋菓子を食べながら街の場所や言葉の意味などを調べて、ドイツを旅するような気分にひたるのも楽しいかもしれませんね。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは
9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

カテゴリー

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録